飲酒運転のひき逃げの事例

悪質運転による死傷事故の罰則を強化した自動車運転死傷行為処罰法が2014年5月20日に施工されました。

新法で適用されるのは過失運転致死傷、アルコール等影響、発覚免税罪で飲酒運転で人身事故を起こして現場から逃げてしまった場合にはこれまでは過失運転致死傷罪と道路交通法違反(ひき逃げ)でしたが、発覚免脱罪ということになりますと、最高刑12年に加え、ひき逃げの最高刑10年が適応され、最高刑は18年になる可能性もあります。

2014年5月20日いぜんですと危険運転致死傷罪の場合でもアルコールが抜けてしまうと過失運転致死傷罪となり、刑が軽くなることへの処置のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る