イラネッチケーを取り付けたテレビに関しての裁判

テレビにイラネッチケーをつけてNHKの番組を見れなくなった常態のテレビにした常態にした際にNHKに受信料を払わなければならないのかという裁判です。

放送法には受信機を設置した場合には受信料を払う必要があるとあり、さらに受信を目的としない場合にはこの限りではないという条文もあります。
動画の方がされている解説では過去に裁判で負けている方というのは高い頻度でNHKを見ている方が負けているということでNHKを見ていない方はその限りではないということです。

こちらの主さんはNHKを見ていない人が受信料を払い必要がないということを最高裁までもっていき、さらに国会にもっていき法律の改正を行うということを目的にされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る