社員を危険にさらす会社に対する刑罰

思い中華鍋をたったまま降らされされ続けて、脚の骨を損傷したとして男性が3600万円の損害賠償を求めましたが、運営会社が男性に400万円を支払う条件で和解が成立しました。

会社は労働者に対する安全性の配慮を行う必要が有り、使用者は労働契約に伴い、労働者がその生命や身体等の安全を確保することが出来るように必要な配慮をするようにします。
この安全配慮義務を怠った結果労働者に傷病が発生した結果会社は債務不履行責任として、損害賠償義務を負う必要が有ります。
 
損害賠償などには治療費や入院看護費用、入院雑費などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る