パワーハラスメントの裁判判例

やる気がないなら会社をやめるべき、これ以上迷惑をかけないで、と発言した上司はこのメールや指導や叱咤激励のためのもので無能で会社に必要のない人間であると表現したものではないと主張しました。

裁判所は人の気持ちを逆撫でする侮辱的名内容であり、名誉毀損をイタズラに毀損するもので不法行為に相当するとして所長に対し、名誉毀損行為に対する慰謝料の支払いを命令しました。

よって指導や監督をするという目的であっても部下の人格や尊厳を傷つける言動を行ってはいけないという判決がくだりました。最初はささいな叱責であっても次第に物事が大きくなってしまう事例がいくつもあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る