ストレス発散が犯罪になる?

ストレス社会と言われている現代では、様々なストレスを対処し付き合っていかなければなりませんが、ストレス発散の行為が過剰な場合に犯罪になる恐れがありますので注意が必要ですよ。

ある外国籍の男が、道を自転車で走行しながら女性などに唾を吐きかけたとして逮捕されましたが、この行為が暴行罪にあたるので罰金や拘留、または科料に処されるのです。

過去の判例では、食塩を他人の顔にかけて逮捕されたり、刀を室内で振り回したりする行為が罰せられており、唾を吐く行為というのは軽犯罪法でも罰せられますので、拘留や科料に処されるのです。

日々の生活でストレスが溜まっているという方は注意し、迷惑な行為を行わないよう心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る