アーカイブ:2018年 1月

  • 社員を危険にさらす会社に対する刑罰

    思い中華鍋をたったまま降らされされ続けて、脚の骨を損傷したとして男性が3600万円の損害賠償を求めましたが、運営会社が男性に400万円を支払う条件で和解が成立しました。 会社は労働者に対する安全性の配慮を行う必要が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る